Gmail(gメール)のパスワード忘れました。わからない時の対処法など
スポンサーリンク

Gmail(gメール)のパスワード忘れました。わからない時の対処法など

Gmail(gメール)を利用するには、アカウントとパスワードが必要です。

グーグルのアカウンドですが、「パスワード」を忘れてしまうことがよくあります。

そこで、Gmailのパスワードを忘れた、パスワードがわからない、という時のパスワードの変更・再設定の方法をやってみました。

スポンサーリンク


【Gmailパスワードを再設定する方法】

gメールのパスワードを忘れてしまったら、再設定する方法で対処できます。

まず、グーグルの「アカウントのサポートページ」にアクセスします。

登録した時のメールアドレスか電話番号を入力し「次へ」をクリック。
すると、本人確認のための質問が出されます。

「覚えている最後のパスワード」などに答えると、登録アドレスにメールが送られます。

もし質問の答えがわからない場合は、下の「別の質問に答える」をクリック。
連絡用の電話番号のメッセージで通知する方法もあります。

いままで使用していないパスワードを設定し、更新されます。パスワードは安全性の高いものを設定するようにしましょう。

【パスワードの安全性】
・アカウント毎に別のパスワードを設定
・文字や数字・大文字と小文字、記号を組み合わせる
・電話番号・住所など個人情報に関係するワードや数字を使わない
・パスワードは安全に保管する

Gmailパスワードを変更する

セキュリティ上を考慮して、グーグルアカウントのパスワードを変更することができます。

グーグルにログインして、「ログインとセキュリティ」の画面で「Googleへのログイン」を選択します。

「パスワード」を選び、再度ログインします。新しいパスワードを設定して、「パスワードを変更」をクリックします。

これで、すぐに新しいパスワードの更新されます。

グーグルのサービスを安全に利用するためにも、パスワードは定期的に変更することが勧められています。

スポンサーリンク


Gmailを使う際の注意事項

Gmailは他のパソコンやスマートフォンからもアカウントIDとパスワードがわかればログインして使うことができます。

外出先のインターネットカフェなどでログインして利用し、そのままログアウトをするのを忘れると、他の人がそのまま使うことができてしまいます。

パスワードなどが漏れた場合、他のGoogleサービスにも影響します。

なので、GmailのパスワードもGoogleアカウントのパスワード同様、しっかりと管理しましょう。

Gmailパスワードも定期的に変更しよう

Gmailのパスワードもセキュリティーを強化するため、定期的に変更するようにすると安全です。

また、外出先で他の人が使うパソコンでパスワードを入力することは極力避けたほうが無難です。

どうしてもログインする必要がある場合は、ログインして用事が済んだら必ずログアウトし、履歴も消すようにしてください。

もし、出先などでログアウトを忘れてしまった場合は、すぐに「パスワード変更」を行い、他社がログインできないように対処しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)