新幹線の充電はどこ?のぞみ・こだま・N700系、コンセントの場所
スポンサーリンク

新幹線の充電はどこ?のぞみ・こだま・N700系、コンセントの場所

新幹線の車内では、スマホでゲームや動画を見たり、ノートパソコンで仕事をする方も多くいらっしゃいますね。そんな時に気になるのが、PCやスマホのバッテリー充電です。

新幹線で充電はできる?コンセントはどこ?といった疑問にお答えします。

新幹線で充電できるのは?

新幹線で充電できる車両はN700系の「のぞみ」は自由席の窓際にコンセントが一つずつ付いています。

ただ、このコンセントは下のほうにあるので、できれば延長コードがあったほうが良いでしょう。
指定席にはは中央の肘掛にコンセントが付いております。

■N700系(のぞみ・ひかり・こだま)の普通車:窓側席(AとE席)、最前列(A~E席)、最後列(A~E席)。グリーン車は全席(A~D席)に設置があります。

■700系(ひかり・こだま)の普通車:最前列と最後列、グリーン車は最前列と最後列

700系「ひかり」は車両の最前列と最後列にしかコンセントがありません。
700系には新型と旧型車両が混在していて乗車してみるまでわかりません。

「はやぶさ」は自由席、指定席に各窓際にコンセントが付いています。

グリーン車、グランクラスには各中央の肘掛にコンセントがあります。

コンセントのある座席は?指定席

コンセントのある車両では、普通車(自由席・指定席)の場合、窓側の壁の足元にあります。
これはずでもともと車内の掃除用に設置されたものらしいです。

それは、グリーン車では肘掛中央にあり最初から顧客サービスとして設置されました。

このように新幹線ではコンセントのある座席は3タイプあります。
自由席・指定席・グリーン車です。

自由席と指定席は座席の配置が同じなので前述の通り窓側の壁の足元にコンセントはあります。
また、700系「ひかり」はコンセントは最前列と最後列にあります。

一見してコンセントがないと思っても、自由席、指定席やグリーン車のそれぞれのコンセントの
配置を参考に探してみてください。

スポンサーリンク



コンセントのある座席の予約方法

確実にコンセントがある座席を予約するには、「みどりの窓口」で予約するというのが確実です。
「コンセントのある座席をお願いします。」といえば間違いないでしょう。

インターネットなどで予約する場合は、窓側もしくは最前列か最後列を予約するべきです。

N700系の「のぞみ」などは窓際に、
700系「ひかり」は車両の最前線か最後列にしかコンセントがありません。

そのため最前線か最後列、もしくは窓際を予約する必要があるのです。

充電が遅い!できない!

新幹線での充電では充電時間が多めにかかり、不安定だったり遅いという利用者の声があります。
充電しているはずなのに割合が低下していくという事例もありました。

理由として考えられるのは、コンセントに記載の通り電圧が不安定との記述があります。
電圧が弱い場合は100Vを確保できないので遅くなることが考えられます。

充電の割合が低下していくのは、バッテリーが劣化していて
充電効率が悪く充電しているときから使用していくので低下しているように見えるということでしょう。

ただ、過去私が使ってみた時はノートPCやスマホの充電で、特に問題なく充電できました。
(一部の情報によると、瞬間的に停電したり電圧降下はあるようです)

また、不安定な電圧で充電すると、バッテリーに負担がかかるという見解もあります。

このあたりの判断は「自己責任」ということになるでしょう。私見では、基本的には安定していると思います。

パソコンやスマートフォン以外の、例えばペースメーカーの充電などのケースは、
特に保証はされておらず、自己責任での使用となっています。

コンセントがない座席の場合

新幹線の車両系によるのですが、コンセントがない座席ももちろんあります。

その場合は洗面所のコンセントを使用するという方法があります。
奇数号車のトイレ付近に洗面所があり、コンセントが設定されています。

ただ、水場ということもありますし、注意して使用する必要があります。

また、洗面所なので個々の座席に設置とは異なります。
他に使いたい方がいれば、順番に譲り合って使いましょう。

また、各車両の最後尾のシート裏側にコンセントがあります。

また、コンセントがない車両もありますので、その場合はグリーン車を検討することも良いでしょう。

乗車前なら「みどりの窓口」で確認したり、車掌に問い合わせてみるのもよいでしょう。

自動券売機で「のぞみ」など表示されるのでそこから推測することもできます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)