嵐電|嵐山のアクセスは・路面電車がおすすめ!グルメ情報もあり
スポンサーリンク

嵐電|嵐山のアクセスは路面電車がおすすめ!グルメ情報もあり

「嵐山」といえば、京都観光の人気エリアの1つです。
しかし、あまりにも有名で、いまさら説明するまでもないので、今回は地元の私がおすすめする路面電車の「嵐電(らんでん)」についてレポートします。



嵐山へのアクセスは嵐電がおすすめ

京都・嵐山へのアクセスで言うと、行き方は沢山あります。お住まいの地域から一番便利なアクセス方法を利用されるのが一番ですが、私のお勧めは「嵐電」です。

京都駅からでしたら、市バスの206番で四条大宮まで行き、嵐電に乗り換えが可能です。ちなみに、206番は循環バスで西周りと東周りがあるので気を付けましょう。四条大宮に乗るなら西回りです。

嵐電は路面電車で、降りるときは降車ボタンを押すという何とも和むローカル感が魅力です。観光列車のような雰囲気ですが、ガッツリ生活に根付いております。登下校の学生さんや地元のおばあちゃんとお孫さんが一緒に乗って来たり、普通の生活で利用されています。

嵐電おすすめのポイント

嵐電がお勧めなのは、もちろん和むだけではありません。嵐電嵐山駅は、駅自体が立派な観光スポットになっています。

駅の中には足湯があり、駅の構内はフードコートのような作りになっていて、色んな食べ物が売っています。嵐電ビールと言うオリジナルのクラフトビールなんかも売っていて、お父さんにも嬉しいことがあります。正直電車に乗って駅にいるだけでも、十分観光気分が味わえて楽しいです。

地元民おすすめ、嵐山の楽しみ方

嵐山は一つの観光地域のようなもので、遊び方は人それぞれです。ぶらぶら食べ歩くも良し、モンキーパークに行くも良し、トロッコで亀岡まで行って保津峡から船で戻ってくるもよし、色んな楽しみ方があります。

ちなみに、私のおすすめはぶらぶら食べ歩き。嵐電の駅でしばらくうろついたあとは、街を散策しましょう。

駅の近くに「豆腐ソフトクリーム」を食べれるお店があります。このソフトクリームが濃厚で美味しい。そして、濃厚だから逆さまにしても落ちないと言うのが売りなので、買ったらどや顔で逆さまにして渡してくれます。これがまた楽しい!

ちなみに、まわりにはうどんやお団子を売っているお店のあるので、アイスが好きじゃない方もご安心を。

ソフトクリームを食べたあとは、お腹を空かせるために散策をして見ましょう。沢山のお土産屋があるので飽きません。ちなみに、嵐山にはオルゴールを販売している店が二店舗あり散策中にはもってこいなので、食べてる合間に是非立ち寄ってみて下さい。



嵐山名物!ソフトクリーム&モッフル

渡月橋まで進んでいただいたら、川沿いに喫茶店があります。そのお店にはお餅をワッフルの器械で焼いた「モッフル」なるものを食べれるお店があります。このお店も楽しいです。

モッフルの生い立ちを店員さんがどや顔で教えてくれます。渡月橋を渡ると、川沿いには屋台があったりもします。ここでは、その時の気分で好きなものを食べましょう笑

さて、食べ歩きをして十分に膨らんでいるお腹ですが、昼食を食べる場所はどうでしょう。

観光地は物価が高いイメージがありますよね。私も旅行に行っては「ここでしか食べられない名物・名産だから仕方ない」と言い聞かせ、普段は食べない●,●●●円のどんぶりを食べたりしています・・・。

確かに、嵐山にも観光向けなお洒落なお店や、名物が食べれる高級なお店もあります。しかし、そこは京都、ご安心ください。おすすめは「そば」です。

良心的な蕎麦屋さんも沢山あります。そして、嵐山と言う街の雰囲気上この蕎麦屋が、なかなかにしっくりきます笑

何だか食べてばかりになってしまいましたが、有名な竹林などもあって、ゆっくりと散策ができるのが嵐山の魅力です。通年で楽しめる場所ですが、散策することを考えたらやはり、春か秋がお勧めです。秋は紅葉もキレイですので是非お立ち寄りください。

嵐山・嵐電でのアクセス

丸太町より市バス93番、四条大宮より嵐電嵐山行終電
阪急桂駅より嵐山方面に乗り換え

嵐山観光の料金

各施設を利用する場合そちらの入館料が必要になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)