「熱盛!」がまさに激アツ。報道ステーションで人気となった理由とは?
スポンサーリンク

「熱盛!」がまさに激アツ。報道ステーションで人気となった理由とは?

【熱盛(あつもり)とは?】

いま話題のワード「熱盛(あつもり)」ですが、テレビ朝日のニュース情報番組「報道ステーション」のスポーツコーナーでの演出のひとつです。

主に、プロ野球の熱く盛り上がったプレイを紹介する際に用いられるフレーズです。

スポンサーリンク


スポーツコーナー担当・寺川俊平アナウンサーが「今日の熱盛!」というコメントで、その日の好プレーや珍プレーを紹介します。

プレーンの最後に「アツモリ!」という音声と、印象的なロゴが登場します。

熱盛がどんどん進化している!

この「熱盛」のフレーズが人気になるにつれ、どんどんエスカレーしています。

普通の「熱盛!」だったのが「熱盛ィー!」や「アツモリィィーーー!」などレベルアップしているのです。

さらに、コメンテイターの稲葉篤紀・前田智徳の両氏やゲストで登場するアスリートにVTRの前フリとして「熱盛!」と発言してもらっています。

お茶の間での人気だけでなく、実際の選手にも好評のようです。ヒーローインタビューや試合後のコメントなどでも「熱盛」のフレーズが登場するようになっています。

【ネット上で「熱盛」が盛り上げっている理由とは?】

インターネット上のSNSなどで、熱盛が盛り上がったきっかけですが、元ネタである報道ステーションでの放送事故がキッカケで炎上したしまったことにあります。

過去に2度ほどあった事例では、真面目なニュースを伝えている途中で、突然「熱盛!」のフレーズやロゴが出てしまい、メインキャスターの富川悠太アナが謝罪するという放送事故がありました。

1)福岡県の3.8億円強奪事件の速報中(2017年4月20日)

2)秋田市の集中豪雨での被害を伝える(2017年8月24日)

これらの放送事故を受けて、ネットでは

「いきなり出てきて笑った」
「もはやわざととしか思えない」
「ミスにしろ不謹慎すぎる」
「どこがアツいんだよ…」

といった批判コメントが殺到しました。

また一方では

「突然の熱盛に笑わずに対応できる富川アナすごいな」
「さすがプロ」」

など、冷静に対応したアナウンサーに賞賛の声も挙がっていました。

こうした背景があり、「熱盛」がより盛り上がったキッカケになりました。

番組の視聴者は、また放送事故が起こるのでは?と期待しているのかもしれませんね…。


スポンサーリンク


「熱盛」関連グッズがゾクゾク登場。

この人気を受け、熱盛の関連グッズ(?)も登場しています。

LINEスタンプでは、「報道ステーション熱盛スタンプ」が240円で販売、あのフレーズとロゴを使えるだけでなく、熱盛別バージョンのほか「冷盛(ひやもり)」「怒盛(おこもり)」さらには「空腹(はらぺこ)」など、もう熱盛関係ないスタンプまで登場しています。

「熱盛ジェネレーター」が大人気

大人気の「熱盛」をステッカーやロゴに使いたい!という要望に応え、「熱盛ジェネレーター」というサイトも登場。
基本デザインから文字の文言や枠などの色を変えて、自分なりに「熱盛」ロゴを作成できます。熱盛の画像や素材、ボタンなどとして利用でき、大人気となっています。

私も作ってみました!熱盛ロゴ

※熱盛ジェネレーターのサイトは、ユーザーさんが個人的に作成したもので、テレビ朝日及び報道ステーションの公式サイトではありません。商用利用はできません。個人的に楽しむ範囲で利用してください。

【「熱盛」がついに商標登録!】

この熱盛人気を受けて、テレビ朝日では「熱盛」を商標登録出願したそうです(2017年9月)。
その理由として、無断で商品化するなど営利目的で使用されるケースが起きてしまったため、と説明しています。

個人で楽しむ分には問題ありませんが、商品の名前にしたりすることは違反となりますので注意しましょう。

【まとめ】

いかがでしょうか?
スポーツ好きな方なら「熱盛!」聞いたことあるでしょう。

なんとなく元気が出るし、スタンプとかも使う場面がたくさんありそうですよね。

来年のプロ野球シーズンには、さらにバージョンアップした「熱盛!」が登場することを期待しています!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)