エアコンの暖房で空気が乾燥するのはなぜ?エアコンの内部で起こっている事。
スポンサーリンク

エアコンの暖房で空気が乾燥するのはなぜ?エアコンの内部で起こっている事。


あなたは、エアコンの暖房で空気が乾燥することを疑問に思っていると思います。寒いので暖房に頼ってしまいますが、乾燥するのが嫌ですからね。

空気が乾燥すると、風邪のウイルスが蔓延しやすくなってしまうので良いことではありません。特に冬は、風邪に移らないように換気をすることが大事です。

しかし、換気をしていると寒い風が入ってくるので、中が余計に冷えてしまいますよね。エアコンの内部ではどのようなことが起こっているのでしょうか?



そこで、この記事では「エアコンの暖房で空気が乾燥する理由」をご紹介させていただきます。
記事を読んでいただければ、冬にエアコンを使う際の対策が立てられると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

暖房機と湿度の関係性。

では、エアコンの暖房をつけると乾燥する原因はどのような点だと思いますか?
熱い蒸気が関係するのだろうと考えるかもしれませんね。もしくは、湿度の上下で乾燥してしまうとも考えられます。

エアコンの暖房と湿度の関係を指摘する説もありますが、実は乾燥の原因ではないことをご存知ですか?なんだか意外な感じがしますよね。

暖房をつけると乾燥しがちですが、実は冷房でも乾燥はしていることがあります。
しかし、夏は暑くて除湿が必要になるため、さほど乾燥しません。このことが原因で、あまり知られていないのだと考えます。

さて、暖房で空気が乾燥している気になる原因ですが、実は水分が減ることによるので湿度とはあまり関係がないのです。

湿度が関係している説には、室内の温度が上がると湿度(相対湿度)が下がるためだというものもあります。

加湿機能のないエアコン暖房の場合は、空気中の水分は増えずに温度だけが上昇するため、相対湿度が低下して乾燥を引き起こすことがあります。エアコンの加湿機能の有無が、湿度と関係するようです。

湿度が上がると暮らしにくくなりますよね。そのため、使っている暖房機の性能を確認してみましょう。

エアコンで暖房する場合の加湿対策を

エアコンで暖房を入れる時には、加湿対策が欠かせません。

私は以前、加湿器を使わないで暖房を入れていた際、声がかすれてしまい一週間程声が思うように出なくなった経験があります。最初は風邪かと思いましたが、周囲に加湿器を入れることを勧められて実際に使い始めたらすぐに良くなりました。

やはり、乾燥しやすい冬には加湿器が欠かせませんよね。



有効な加湿方法を3つ紹介

エアコン暖房を使う際には、どのように加湿対策を行えば良いのでしょうか?

代表的なものを3つご紹介させていただきます。

1.タオル・洗濯物を干す
一番簡単に出来るのは、部屋の中にタオルや洗濯物を干すことです。

毎日部屋干しをしている人はすぐに出来てしまいますね。これは、洗濯物を干した際に蒸発する水分で加湿する方法です。

また、上手く水分が蒸発しない場合は、扇風機などで風を送ると効果的です。

2.マスクをつける
これも簡単な方法ですマスクをつけることにより、湿った呼気がそのまま体外へ放出されるのを防げます。気道も潤うので一石二鳥ですよね。また、冬はマスクをつけることで風邪予防や喉を守るのに有効ですので、ぜひ実践してみてください。

3.加湿器を使う

最終手段としては、やはり「加湿器」を使うことです。水の補給だけで加湿が可能なので便利ですよね。
加湿対策のために作られているので、とても効果があります。
≫≫アマゾンで売れてる加湿器はこちら

以上、エアコンで暖房を使う場合の加湿対策をご紹介させていただきました。
いずれも簡単に出来るものばかりなので参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、「エアコンの暖房で空気が乾燥する理由」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?実は、エアコンの加湿機能の有無が原因であることがわかりましたね。

冬場の加湿は、風邪やインフルエンザ予防のほか、お肌の潤いにも影響してきます。まだ加湿対策を行なっていない人は、気軽に出来る方法を試してみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)