お布施の常識。封筒の書き方、お札の入れ方・包み方など
スポンサーリンク

お布施の常識。封筒の書き方、お札の入れ方・包み方など


お布施(おふせ)は、法事法要や葬儀の時に僧侶やご本尊に捧げるものです。マナーをしっかり覚えておきましょう。

お布施の「袋」の構成ですが、「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」のなかに「中袋(なかぶくろ)」の2重構造で作成します。

お布施の場合は、不祝儀袋・中袋ともに「無地の白封筒」で、袋を包む紐(水引)はつけません。



※同じ用途でも「香典(こうでん)」として謝礼を払う宗教・宗派を信仰されている場合には、各宗教・宗派によって作法は異なります。

表書き・裏書きなどの書き方

お布施の表書きの書き方は、不祝儀袋の中央上部に「御布施」と漢字で書きます。薄墨を使用して丁寧に書けばきれいな字でなくとも気持ちは伝わります。その後、不祝儀袋中央下部には自身の氏名もしくは家名(〇〇家など)を記述しましょう。

つづいて裏書きです。裏書きには、自身の住所と電話番号、その左側には封入した金額を縦書きで記入します。

このとき先頭に「金(きん)」をつけて「万」は「萬」、「千」は「阡」「円」ではなく「圓」を使用します。
漢数字は旧態文字を使用するのが一般的です。「一」なら「壱」、「三」なら「参」、「五」なら「伍」となります。
そして最後に「也(なり)」を添えて完成です。

最後に中袋です。中袋の表面の上部には「御布施」と記述します。封入した金額については、中袋の表面の中心下部もしくは裏面の右側に記載します。本来は、金額を記述する厳密な必要性はありませんが、金額の計算上、記載してあったほうが相手にとって親切です。

不祝儀袋を使用する場合には、裏面には何も書かずに、具体的な金額や氏名や住所・電話番号などは中袋にのみ記載するという場合もあります。

御布施の書き方には地方によっては違いがありますので、記載にあたっては、ご近所や家族などに細かな仕様を確認しておくとよいでしょう。

お金の入れ方・包み方

お金は、不祝儀袋の中の「中袋」にいれます。入れ方は、お札の人物が見える向きを表(宛名書き方面)にして入れるのがマナーとなっています。かつては新札をいれるのはマナー違反と考えていた人もいるため、可能であれば新札は避けたほうが無難です。また、お札を複数枚入れる場合には、お札の向きをそろえて入れることも重要です。

紙幣を中袋に入れたら、不祝儀袋で包みます。
包み方は、まず不祝儀袋を開きます。続いて中袋を不祝儀袋のなかに入れ、左側から折って包みます。さらに右側を折り、下を追って、最後に上を折って包みます。

不祝儀袋を裏返すと、ちょうど頭を垂れたようなお悔やみを表す折り目となるのが特徴です。間違って下方向を最後に折ってしまうと慶事のときのようなお祝い用途を意味してしまうため注意しましょう。



お布施の金額、相場は?

法事・法要時におけるお布施の相場は3万円~5万円程度が一般的です。
もちろん、故人との関係性などにより差異がありますので、他の参列者の方に確認するのが確実です。

また、地方によっては金額的なしきたりなどもありますので、注意が必要です。

水引は必要?

通常、お布施は香典と違って水引(みずひき)と呼ばれるリボン上の帯を不祝儀袋につける必要はありません。
お札に書いた文字が相手に読めるような方向で渡すことになります。

お布施の渡し方


お布施を直接手渡しすることは禁じられており、僧侶に手渡すのではなく、葬儀などが始まる前や葬儀後の挨拶時に渡すのが一般的です。

通常は、僧侶らの前にお布施用のお盆などがあるはずですが、会場や形式によっては、受付時に渡すこともあります。お布施を置いた後、お盆の位置を変更する(たとえば僧侶側や次の人用に動かす)ことはマナー違反とされていますので注意しましょう。

袱紗(ふくさ)の使い方

お布施の渡し方としては、専用のお盆に積む、袱紗(ふくさ)に包むのいずれかを選択します。袱紗とは、絹でできた布であり、金品の入ったお布施を包み渡すことに使用します。

袱紗(ふくさ)で渡す場合にも注意が必要です。ひし形の形状に袱紗を広げて右からお布施を包み、続いて上下をたたんで、最後に左から包み込みます。渡す際には、袱紗から中身であるお布施だけを取り出して渡すようなことはマナー違反ですので気を付けましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)