パワーポイント無料テンプレート・使い方も紹介します。
スポンサーリンク

パワーポイント無料テンプレート・使い方も紹介します。

パワーポイントのテンプレートについて

パワーポイントには、数々のテンプレート(ひな形)ファイルが標準搭載されています。

頻繁に似たような資料を作成するといった場合には、テンプレート(ひな形)を利用すると便利です。文章の構成やデザインを一から自分で作らず、好みの文章を手軽に作成できます。



ビジネス向けのテンプレートが充実しており、豊富なイラストやおしゃれな背景画像、テキスト配置などの構成レイアウトがあらかじめ組まれているため資料作成の操作負担が大幅に軽減されます。

テンプレート一覧から無料でダウンロードできる

PowerPointのテンプレート一覧から、それぞれのファイルを開いて好みにあったひな形を探してみるのも良いでしょう。

標準搭載のテンプレート一覧に好みのデザインが見当たらない場合には、インターネット上を探してパワーポイント向けテンプレートをダウンロード(入手)することができます。

無料で配布されているテンプレートも数多く存在するため探すだけでも楽しい作業となるでしょう。

新入社員の自己紹介向けのデザインやかわいいイラストなどの無料素材など、堅実なビジネス用途以外にも使える豊富なテンプレートがたくさんあります。

テンプレートの使い方

入手したテンプレートは、開くだけですぐ使えます。さらに「名前をつけて保存」-ファイル形式を「デザインテンプレート形式」に変更して保存すれば、パワーポイントのテンプレート一覧に表示させることができます。何回も頻繁に使用するひな形であれば、このような「テンプレート登録」をすると便利です。

さらに操作に慣れてきたら、自分でテンプレートを作成することにもチャレンジしてみましょう。

難しい操作は必要なく、作成したファイルを保存するときにファイル形式を「デザインテンプレート形式(.potx)」に変更することで実現できます。

パワーポイントについて

パワーポイントとは、Microsoft社が提供するプレゼンテーション資料作成用のソフトです。正式名称は「Microsoft PowerPoint」です。

「スライド」と呼ばれる1枚1枚のデザイン板に文字や画像を載せて、それぞれにアニメーションをつけながら再生することが可能です。そのため会議での発表や商品・サービスのプレゼンテーション用に、効果的な宣伝資料を作成することができるのが特徴です。



パワーポイントの使い方

具体的な作成方法としては、パワーポイントを起動すると最初に最近使用したファイル一覧やテンプレート選択画面が表示されます。空白のスライドだけが用意された「空のパワーポイントファイル」から、あらかじめ用途に合わせてデザインされた「テンプレート(ひな形付き)ファイル」まで選ぶことが可能です。


パワーポイントテンプレートの使い方としては、ひな形にあわせて手っ取り早く作成したい場合にはテンプレートファイル、ゼロから自分の思う通りにデザインしたいという場合には、空のファイルを選択しましょう。スライドへの文字の書き方は簡単で、クリックするだけで文字入力ができるようになります。

同じMicrosoft社のオフィスソフトであるワード(文書作成ソフト)やエクセル(表計算ソフト)を使用したことがある人であれば似た操作性であることに気が付くでしょう。

文字フォントスタイルを変更すれば、縦方向に文字を書くことも可能ですし、スライド自体を縦方向にすることも可能となっています。

文字サイズ・カラーなど自由に変更可能

もちろん文字サイズも自由に変更ができカラーも自由自在に変更することができます。ビジネス向けの堅実な印象の文字フォントから自己紹介などのポップでかわいい文字フォントまで用意されています。

さらに、文字だけでなく、ツールバーの「挿入」から写真やイラスト画像などを添付することができますので商品やサービスの明確なイメージを掲載しながらプレゼンできます。文字と画像の配置が終わったら、それらにアニメーションをつけるとより効果的です。

はじめは真っ白だったスライドに、徐々に写真や文字を浮かび上がらせたり、登場する順番を自由に変更できます。プレゼンテーションの説明に合わせて、徐々に文字や写真を登場させることによって聞き手への伝わりかたが格段に向上するでしょう。

このように、パワーポイントは主にプレゼンテーション資料作成用ソフトであり、文字の入力、写真画像の配置、アニメーション付与の3点を駆使して自由にデザインすることが可能となっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)