ApplePay(アップルペイ)とは?使い方や対応のカードは?
スポンサーリンク

ApplePay(アップルペイ)とは?使い方や対応のカードは?

Apple Pay とは?

ApplePay(アップルペイ)とは、Apple社が提供する端末を店舗端末などにかざすだけで支払い決済が行える機能のことをいいます。使い方としては、クレジットカードをカメラで撮影して有効期限やセキュリティコードを入力することで登録設定を行います。

本人確認としてSMS(ショートメッセージ)が送られてくるので認証コードを入力して認証手続きを完了させれば使い始めることができます。



クレジットカード会社によっては、ApplePayに登録することでキャッシュバックを行うなどといった各種キャンペーンを積極的に展開しているところもあって注目されています。

アップルペイが使えるのは?

ApplePayを使用できる場所としては、Suica(スイカ)やID、QUICPayが使える場所で使用することができるため利便性も高い決済サービスとなっています。

Suicaと連動できることから、電車通勤・通学時の移動が楽になるほか、かさばる小銭などを持ち歩かなくて済むようになり、財布忘れなく、とってもスマートにお買い物ができます。

ApplePay 登録方法

ApplePayにSuicaを登録する方法はとっても簡単です。ApplePayWallet(アップルペイウォレット)にてSuicaカードの裏側にある末尾4桁を入力して、画面の説明に沿ってSuicaを撮影します。

無事にカードが追加されたら登録作業は完了です。(この登録作業が完了した段階で、Suicaカードは使用できなくなるため注意が必要)

Suicaにチャージをするには、Walletアプリ上に表示されているSuicaを選択して右下のビックリマークをタップします。登録済みのクレジットカードがSuicaへのチャージに対応していれば左下の「チャージ」ボタンから行うことができるようになっています。

また、ApplePay非対応で登録できなかったクレジットカードでも、Suicaのスマートフォンアプリをインストールして併用することでチャージも可能となります。

現金でのチャージもコンビニエンスストアで店員さんに声掛けすることで店頭端末から行うことができます。あらゆる日常の支払いをスマートフォン1つで瞬時に行えるようになる魅力的なサービスとなっています。

Apple Pay 対応のカード

Apple Pay に対応するカード、対応していないカードを具体例を上げて説明します。

2018年12月時点においてApplePayに対応しているクレジットカードは、三井住友カード、楽天カード(AmericanExpress以外)、MUFGカード、auWALLETカード、ソフトバンクカード、dカード、イオンカード、ポケットカード(ファミマTカードなど)、ANAカード(VISA、MasterCard)、Yahoo!JAPANカード、JCBカード、Oricoカード、セゾンカードなど有名なカードに幅広く対応しています。

クレジットカード以外にも、一部のプリベイドカードも登録できるようになっています。



対応カードとしては、国際ブランド付きのVISA、MasterCardマークの付与されているものやauWALLETプリペイドカード、ソフトバンクプリペイドカード、dカードプリペイドであればApplePayに登録して使うことができます。

特に、大手通信キャリアが発行するプリベイドカードであれば12歳以上のかたから使用することができるため中学生や高校生にも便利です。

アップルペイ非対応のカードは?

未対応のプリベイトカードとしては、人気のあるLINEPayカードは、現時点で非対応となっています。そのほか、残念ながら今のところnanaco、デビットカードを登録することはできません。

suicaは登録することができますが、それ以外(たとえばpasmo)には非対応となっています。

カードの登録可能枚数については、8枚もしくは12枚まで(iPhone8~,AppleWatchであればシリーズ3以降)となっています。
カードを使用した際に付与されるポイントについては、登録したクレジットカードに準ずるものとなっています。

まとめ

まだまだ発展途上のサービスであることから、今後とも順次対応範囲が広がっていくことが期待される将来有望な決済サービスです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)