暗証番号の決め方とは?ダメ・NGな例、語呂合わせは覚えやすい!
スポンサーリンク

暗証番号の決め方とは?ダメ・NGな例、語呂合わせは覚えやすい!


あなたは、カードやスマホなどの暗証番号を決めかねており、どんなものが良いか調べていると思います。日常生活の場面で、暗証番号は今や欠かせないですからね。

しかし、あまりわかりやすい番号にしてしまうとすぐに見破られてしまう可能性があるので、慎重に決める必要があります。



暗証番号の決め方は?

暗証番号を決める際に苦労した経験がある人は多いのではないでしょうか。

筆者も暗証番号を決める際には、見破られず忘れない番号を決めるのに苦労をしています。
出来ればスムーズに決めたいですよね。

そこで、この記事では「暗証番号を決める際の注意点とアドバイス」をご紹介させていただきます。記事を読んでいただければ、暗証番号を決める際の注意点が分かると思うので、ぜひご覧ください。

暗証番号の決め方、これはダメ。避けたい番号は?

暗証番号というと、だいたいは4桁の数字で構成されることが多いですよね。スマホやカードの番号を決める際には、4桁の番号を指定する必要があります。

一見すぐに数字を思い浮かべやすいですが、実は4桁の番号は他人に案外簡単に見破られる可能性が高いので注意しましょう!

大切な暗証番号が分かってしまったら困りますよね。
以下では、暗証番号を決める際に避けたい方法をご紹介させていただきます。

NG・ダメな暗証番号の具体例

1.生年月日
4桁の暗証番号を決める際に最も多く使われるのは、生年月日です。

たとえば5月5日生まれの人なら0505、1989年生まれの人なら1989などの番号です。
とっさに思い浮かぶ4桁といえば生年月日だと思うので、使ってしまいたくなりますよね。

しかし、生年月日は他人にも知られている情報なので、盗まれた際に見破られる可能性が高いのです。
そのため、暗証番号に使うのは避けた方が良いと思います。

2.4桁の同じ数字
忘れにくいという理由でよく使われがちなのが、1111、8888などの4桁の同じ数字です。
しかし、これも見破られやすいので暗証番号を決める際には避けましょう。

盗まれた際に、勘で数字を押したら暗証番号が分かってしまったという事態になる可能性があります。

3.並びの数字
たとえば、1234、5678などの並びの数字です。

これも暗証番号を決める際には避けた方が無難です。なぜなら、勘で見破られてしまうからです。
設定する側としては忘れにくいと思いますが、単純な暗証番号ほど他人にもすぐに分かってしまいます。

以上、暗証番号を決める際に避けたい方法を3つご紹介させていただきました。

簡単に設定できる番号ほど危険度が高いので、選ぶ際には誰にもわからないような番号を設定しましょう。



暗証番号の決め方(語呂合わせ)

さて、単純な数字だと見破られやすい暗証番号ですが、語呂合わせで決める方法もあります。

語呂合わせですと自分にとって覚えやすく、他人には分かりづらいので安心できますね。

以下では、語呂合わせを用いた暗証番号の決め方をご紹介させていただきます。

語呂合わせの例

0840(おはよう)、3281(みつばち)、5610(ゴールド)、8739(はなさく)、2933(ふくみみ)、6186(ろいやる)、1031(てんさい)、1112(いい夫婦)、5589(高校野球)、8823(はやぶさ)、4129(よいにく)、5572(ココナッツ)

いかがでしょうか?面白い語呂合わせがたくさんありますね。
これなら自分では覚えやすく、人にも見破られにくいと思います。

比較的覚えやすい数字が並んでいるので、暗証番号を決める際には参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、「暗証番号を決める際の注意点とアドバイス」をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

暗証番号を決める際には、生年月日などの推測されやすい数字は避けましょう。語呂合わせなどを利用すると他人にばれにくいと思います。

個人情報を守るための番号なので、ぜひ一工夫してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)