10万キロ走行した車は売る?車検相場と買い替えのポイントとは?
スポンサーリンク

10万キロ走行した車は売る?車検相場と買い替えのポイントとは?

あなたは愛車の走行距離が10万キロを超えたので、売りに出すか検討中だと思います。
長く運転していると愛着が湧くので手放しづらいとは思いますが、そろそろ新車に買い替えたい気もしてきますよね。

しかし、10万キロも走行してしまったので高値で売れるのかは不安だと思います。もし売りに出しても大した金額にならなかったらあまり意味がないですよね。

そこで、この記事では「10万キロ走行した車を売るときに気をつけたいポイント」についてご紹介させていただきます。
これを読めば、車を売るときのポイントがわかると思うので買い替えを検討している人はぜひ最後までご覧ください。

愛車にずっと乗っていたいけど…10万キロ走った車は買い替えた方がいい?

長い期間同じ車に乗っていると愛着が湧きますよね。いざ手放そうとしても、情が湧いてなかなか新車に替えづらいのも事実です。

筆者も長年ずっと同じ車に乗っていますが、愛着が湧いているのであと数年はこの車に乗る予定です。

しかし、走行距離が長いと車が傷んでしまうのも事実です。
10万キロ走行した車は買い替えた方が良いのでしょうか?

実は、車を買い替えるタイミングは10万〜15万キロ走った時だと言われています。
なぜなら、エンジンの寿命がちょうどこのぐらいの距離を走行した時だとされているからです。

つまり、走行距離10万キロというのは買い替えの1つの目安なのですね!

しかし、この距離は何の問題もなく走行していた時に限るので、もし途中でトラブルがあって車を修理した場合は、もう少し早く寿命が来ることになります。

車の寿命はだいたい10年?

また、エンジンに使われるその他の部品の寿命も10万キロと言われています。

エンジンの部品の修理にはお金がかかるので、走行距離が長いほど費用も高くなるのです。10万キロを超えても走行は可能ですが、トラブルがあった際の修理費用がかかるデメリットがあります。

なので、修理費用を考えると新車にした方が安く済む可能性があるのです。
そう考えると早い段階で新車にした方が良いのかもしれませんね。

乗り慣れた愛車にずっと乗っていたい気持ちはわかりますし、その方が日常生活に支障がありません。

ですが、万が一の際の費用が霞んでしまいます。できれば10万キロを超えた時点で新車に乗り替える方が得策でしょう。

車の気になる維持費!10万キロ走行した場合の車検の相場はどれくらい?

しかし、そうは言っても新車に買い替えるのにはお金がかかります。

そのため安易に買い替えるのは難しいと思うので、10万キロを超えても走行を続ける人は多いです。

車に乗り続けるためには車検を受けなければならないので、車検の相場を出してみました。

10万キロ走行した車は、部品の交換が発生する場合がほとんどです。そのため、車検費用で最低でも20万円はかかってしまうでしょう(税金等諸経費は別)。

車検だけでも高額な費用が発生するので、これなら買い替えを検討しても良いかもしれませんよね。

ちなみに、なるべく安く車検を抑えたいなら、安い車検場を選ぶ方法もあります。
≫≫ ホリデー車検で安い車検を探す

部品の摩耗具合で買取にも差が出る

売りに出す際には、部品が消耗していないかを確認すると良いと思います。
なぜなら、部品が消耗していると高く売れないからです。

また、車の傷みも査定に響いてしまうので、なるべく綺麗な状態を保ち続けられると良いですね。

ただし、10万キロを超えると売れにくいというわけではありません。
近年では、車の性能が良くなっているため、10万キロを超えても乗れる車の方が多いです。

なので、あまりにも傷んでいるものではなく普通の状態であれば、売る時にあまり心配はいらないと思います。

自分の車っていくらぐらいの価値だろう?高く買い取ってくれるのはどこかな?と思ったら、「車の一括査定」を利用してみるのも賢い方法ですよ!


≫≫ネットで簡単に車の査定ができるサービスです。com

まとめ

今回は、「10万キロ走行した車を売るときに気をつけたいポイント」をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

10万キロ走行すると、部品が消耗している可能性があるため売る時には注意が必要です。乗り続ける場合は、定期的にメンテナンスをすることを心がけましょう!



スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)