犬の寿命ってどれくらい?ペットの平均寿命、何年くらいですか?
スポンサーリンク

犬の寿命ってどれくらい?ペットの平均寿命、何年くらいですか?

ペットで犬を飼う時、ライフスタイルと犬の寿命がマッチする犬種を選ぶことが大切です。

ご高齢の方が飼育する場合、自分の年齢も合わせて考える必要もあります。もし犬の方が寿命が長い場合、その後の飼育が大変ですからね。



そして、何よりできるだけ長い間、犬と一緒に過ごしたいですよね。

犬の平均寿命・年齢とは?

犬の平均寿命は、だいたい12年から15年が平均といわれます。これは、犬種や体格(体の大きさ)でも変わってきます。

最近ではドッグフードの品質や飼育環境が良くなっているので、犬の平均年齢も上がっています。

栄養成分やカロリー・摂取量をきちんと計算して気をつけてあげると、
寿命に関係なく、長生きしてくれます。

しかしあくまでこれは統計上の数字。個体差や飼育状況で長くも短くもなります。

さらに、愛情込めて飼育しても不測の病気にかかってしまうこともあります。

そのため、愛情と管理はとても重要なもの。
寿命に関わらずしっかりと可愛がってあげることが大切でしょう。

ここからは犬種別の犬の寿命と、寿命の長い雑種犬の事を見ていきましょう!

犬の寿命は犬種やサイズ別で違う?

犬の寿命は、体のサイズと犬種でもかなり差が出てきます。

大型犬と小型犬なら実は小型犬の方が長生きするんです!
なんとなく、体が大きいほうが長生きしそうですが、逆なんですねぇ。

詳しい平均寿命を見ていきましょう。

小型犬の平均寿命は12から15歳
小型犬の中でも長生きな犬種なら17歳くらい生きることができます。

室内犬として人気の小型犬では
ミニチュアダックスフンドやチワワ、トイプードルなど。
これらの犬ならだいたい12~15年ほど飼うことができます。

中型犬では11歳から15歳が平均寿命です。

純血種である柴犬やビーグルの寿命が11年から13年といわれ、
中型犬の平均寿命を引き上げているのは雑種の子たちだと言われます。

雑種に関しては後ほど触れますね。

中型犬の中でもブルドックは例外。
平均寿命は7から10歳と大幅に短いです。

これは、ブルドッグが肥満になりやすく、
顔の形から呼吸障害が出やすいことが理由です。

大型犬の寿命が10から13歳
大型犬は大人になるまでの時間が長いのですが、大人になると一気に老化します。



大型犬の寿命が短いのはなぜ?

なぜ大型犬の寿命が短いかと言うと、
犬の心臓の大きさは小型犬でも大型犬でほとんど変わらないからです。

体が大きいほど負担がかかるのは想像できますよね。
つまり体が大きな犬種ほど、平均寿命が一気に短くなって行きます。

しかし、
ラブラドールレトリバーやジャーマンシェパード、
ボクサー・ジャーマンショートヘアードポインター

この四種類は中型の雑種と同じくらいの平均寿命で長生きな犬種です。

※アメリカには29年半程生きたラブラドールレトリバーがギネス認定されてるんですって。

全体的に見ると、
体の大きな犬より小さな犬、純血種より雑種、オスよりメス
以上が長生きだという研究のデータがあります。

犬の寿命では長いとされる雑種犬のこと。

雑種犬は日本国内で1番多く飼われている種類です。
色々な種類の犬の血が入り混じっている犬です。

雑種には中型犬が多いのですが平均寿命は13から15歳。
小型犬の平均寿命と同じです。

雑種犬は長生き!という印象がありますが、日本には26歳8ヶ月と長い期間生きた犬も記録されています。

まず雑種犬は長生きなのか?

これは純血種(血統書ありの子)より様々な環境に適応できるよう変化して来たことが大きいです。
さらに、純血種と比べ遺伝性の病気を持っている確率が非常に少ないためとされます。

特に純血種は遺伝性の病気があると延々と血筋に残ってしまいます。

遺伝性の病気は時には致命的な病気になることもあります。
この遺伝性の病気を抱えていないだけで、寿命は数年伸びます。

まとめ

犬の平均寿命は純血種と雑種で変わります。
長い間一緒にいたいなら、雑種犬が最も向いています。

体も丈夫なので初めて迎える犬にもおすすめです。

命の重さは犬種も大きさも関係ありません。
一度飼ったら最後まで、寿命を迎えるまで一緒にお付き合いしていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)