結露が窓に付く原因は?水滴を防ぐおすすめの方法とは?
スポンサーリンク

結露が窓に付く原因は?水滴を防ぐおすすめの方法とは?

梅雨や雨のお起き時期には、室内の湿度で窓が結露します。
冬は石油ストーブの利用や洗濯の部屋干しで結露が発生することがあります・。

私自身も前に住んでいたアパートの結露がひどくとても悩んでいました。

「こまめに拭いても追いつかない…。」
「床にまで垂れてきて来てしまって気になる。」
「カビができて体に悪影響はないのだろうか。」

こんなお悩みに、結露の原因や対処法をまとめています。



結露の原因、なぜ水滴がつく?

そんな窓の結露が気になる季節に窓の水滴を防ぐおすすめの方法はないものでしょうか。

まず軽い結露の場合は薄めた台所用洗剤で窓ガラスを拭くという事で防ぐことが出来ます。

洗剤を10~20倍薄め泡立てた後、タオルにつけて拭きそのあとに乾拭きをすることで
界面活性剤の効果によって防ぐ事ができます。

あと、私自身もやっていたのですがキッチンの換気扇を24時間つけっぱなしにすることです。

私の以前住んでいたアパートは窓と玄関付近の結露が酷く、
キッチンと玄関が近かったのでキッチンの換気扇をつけっぱなしにしていました。

電気代がもったいない!
なんて最初は思っていましたが、やるとやらないとでは結露の感じが全然違いました。

少々の電気代をケチるのか、
カビカビな生活に耐えるのか悩みました。

しかしカビ菌に怯えながら生活はしたくないので、電気代を犠牲にさせていただきました。

窓の結露ってどうしてできちゃうの?主な原因はこれだった…

この結露と戦う生活の中で、窓の結露ってどうしてできちゃうのだろう?
そもそも結露する原因は何だろう?という疑問が生まれてきました。

そのなかで主な原因が「室内外温度差」と「湿度(湿気)」のある条件が重なったときに発生するものが結露ということがわかりました。

結露というと暖房を使っていて室内外温度差がもっともある冬場にお悩みの方が多いですが、私は湿度と湿気の多い梅雨時期にも悩まされました。

結露とは、湿気(水蒸気)を含んだ空気が冷やされて、空気中に含まれる湿気(気体)が水滴(液体)に変わることで「結露」になるそうです。

冬場がやはり主にできやすいのですが、条件が重なれば季節関係なくできてしまうものとも言えるのです。

そこでぜひ試してみたい窓の結露が酷い時のお役立ち解決方法を見つけちゃいました~



窓の結露が解消方法!

まず一つは「断熱材を張り付ける」という方法です。

前文で紹介した防止する方法(薄めた台所用洗剤で窓ガラスを拭く)もありますが、
あくまで簡易的なものなのであまり効果は得られません。

窓に断熱材を直接つけることで外気温と室温差もあまりなくなります。
私自身がやったもので、梱包材プチプチを窓に張り付けるのも効果があると思います。

私が住んでいたアパートは鉄筋コンクリートでできており、室内外の温度差が結構あったので、この対策をしている方は複数いました。

しかし、一つ難点なので外からみてプチプチをつけているのが丸わかりという点でしょうか。
私も効果はあるので最初はつけてはいましたが、外を通る方から、

「あの部屋、プチプチついてる!」
「貧乏くさい。」
と言われている気がしてしまいすぐにやめました(笑)

まあ、私の勝手な被害妄想なんですが、
やっぱり見栄えのことを考えると断熱材での方法をお勧めします。

窓の結露って出来ては拭いて、その都度拭いて綺麗にしてこまめにお手入れをしなければならなくって最初のうちは私自身も神経質になりました。

「水滴ができるだけで気になる。」
「少しでも放置したらカビ菌まみれになってしまうのではないか。」
など、結露を気にしながらの生活にイライラしていました。

まとめ

インターネットを見てみると、同じように結露がひどくて悩みがある人や、
解決方法が書かれていたので私自身悩みすぎていたことにびっくりです。

適度な清潔を保てるように、その人に合った対策法でいいので
結露・水滴の対策を試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)