レトルトカレーの賞味期限、なぜ長持ちするの?非常食にも最適!
スポンサーリンク

レトルトカレーの賞味期限、なぜ長持ちするの?非常食にも最適!


家に常備しておくとたいへん便利な「レトルトカレー」
長期保存が出来るので、災害時の非常食としても推奨されている保存食品です。

スパイスの香りが心をちょっとだけほぐしてくれる、
カレーは軍隊の食料、いわゆるミリメシにも採用されています。



レトルトカレーの賞味期限について

ご飯とセットになっているパックのレトルトも増えてますし、
こんなに広く使われているからこそ、お家にレトルトカレーを常備している人が多いのも納得です。

しかし常備していても
全く食べないまま月日が経過する
そんなお宅も少なくないわけで。

ある日手にとったレトルトカレーの賞味期限を見てみると……
なんとまだ1年先!
買ったのも1年くらい前なのに、賞味期限が来ていない!

夏の暑さやジメジメにも
こたえている様子がまるでないパッケージ……
もちろん中身もおいしいまま!

なんでレトルトカレーは賞味期限が長いの?

なんでレトルトカレーは常温でも大丈夫なの?

実はこれ、真空で密封した上に、どの菌でも死ぬ温度である120度で殺菌・滅菌をしているから!

パッケージも光や空気等が通らないように作られているんです。
発売同時は保存料が入ってるんじゃないか?
と、よく疑われていたんですって。

ではそんなレトルトカレーの賞味期限事情を見てみましょう!

レトルトカレーの賞味期限って一般的にどれくらい?

レトルトカレーの賞味期限は
一般的には大体3年間と言われています。

記載されている製造日から、
大体3年間はおいしく食べることができます。

「レトルト」という言葉自体が
容器に入れた食品を加圧加熱殺菌する技術
を指していて、

レトルトという言葉がついていたら
加圧加熱殺菌してありますよ!
という印。

とはいいましたが
やっぱり機械でも
技術は完璧ではありません。

袋が膨らんでいたら
中身が腐敗しているので
食べるのはやめたほうが無難です。

レトルトカレーの賞味期限は2年くらいが多いってホント?


これはホントです。

レトルトカレーを売っている会社では
人の手元に渡って、多めに安全期間を設けて……
という計算をした上で、2年にしています。

品質としてはもう少し
賞味期限が長いのですが
短めに見積もられているのは
安全性を重視した結果なのです。

製造から何年先まで大丈夫なの?
賞味期限が切れても食べられるのかな?

そんな疑問を抱く人は多く、実際に試している人もネット上にはたくさんいます。

スポンサーリンク



賞味期限を超えたカレーは食べられる?

中には13年ものに挑戦した人もいました。
結果、安全性は個人差も多少あるようですが
風味が完全に飛んでいたとのこと。

レトルトカレーメーカーの方の調べでは、
安全性とおいしさを追求できるのはギリギリ賞味期限×1.5=3年まで、ということになっています。

但しこれはあくまで「密封状態で」でのお話。
開封してしまったり、袋が膨らんでいたらもう賞味期限関係なくダメ!

これは中でカレーが腐ってしまい、ガスが出てきてしまっている証拠。
諦めて処分してしまいましょう。

まとめ

レトルトカレーの一般的な賞味期限は「2年間」です。

これはメーカーさん側の人たちが物流や安全性、その他を全部考慮して決めている期間。

でも品質から安全性を見ると、
実は製造日から3年まではおいしく食べることができちゃうんです。

市場には賞味期限が切れそうなものはおいていることはありません。

しかし家で眠っている期限スレスレのレトルトカレーを捨ててしまうのは勿体無い!

袋の状態をチェックして、製造三年以内なら思い切って食べてしまいましょう!

レトルトが機械作業とはいえ密封・滅菌が完全であるわけではありません
レトルト用のパウチが膨らんでいたらもう中身を食べることは出来ません。

安全のためにも、情報を信じすぎて注意を忘れないように!

それから製造から3年以上のレトルトカレーは安全性以上に、
少しずつおいしさが消えていってしまっている状態。

おいしくレトルトカレーを食べたい場合は迷わず賞味期限に食べてしまうのが正解ということですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)