Facebook(フェイスブック)のアカウント作成・登録、削除・退会方法など。
スポンサーリンク

Facebook(フェイスブック)のアカウント作成・登録、削除・退会方法など。


Facebook(フェイスブック)とは?

フェイスブックはSNS(ソーシャルネットワークサービス)の一種で、実名でやりとしするのが最大の特徴です。世界中の知り合いたちとインターネットを通じてコミュニケーションがとれるツールです。

アカウントは実際の名前ですので、昔の知り合いや遠い親戚などを検索したり、メッセージを送ったりできます。

スポンサーリンク

Facebookの利用方法

Facebookを利用するには最初に「アカウント」を作成します。

Facebookは実名制のサービスなので、メールアドレスだけでなく氏名や性別といった個人情報を登録する必要があります。登録内容や公開範囲は変更できるので安心です。アカウント作成はスマホアプリからできます。

ちなみに、フェースブックの登録や利用は全て無料でできます。13歳未満の方はFacebookアカウントを作成できません。

【Facebookのアカウントを作成するには】

自分の名前、メールアドレス、携帯電話番号、パスワード、誕生日、性別を入力し、「アカウントを作成」をクリックします。アカウントの作成を完了するには、メールアドレスまたは携帯電話番号を認証する必要があります。

メールアドレスは、永久的に利用できるGmailやYahoo!メールがよいでしょう。携帯のキャリアメールやプロバイダメール(ニフティなど)のメールですと、これらを変更や解約したときにFacebookのやり取りで問題が生じることがあります。

アカウント作成(登録)手順

1)Facebookのページにアクセスします。英語などで表示されているときは、下部の言語設定で日本語を選択肢します。(https://www.facebook.com/)
2)姓・名・メールアドレス(または携帯番号)・パスワード・誕生日・性別を入力
3)「アカウントを作成」をクリック
4)「既にFacebookを利用している友達を探しましょう」の画面。友達を探すのもよいし、スキップも可能です。
5)「プロフィール写真を設定」で「写真を追加」できます。スキップしてもOK、あとで追加修正できます。
6)「プライバシー設定について」公開の範囲などを選択します。あとから直すことも可能。
7)「アカウント認証」で、登録に使ったメールアドレスにFacebookからメールが来ているので、アカウント認証をします。
8)これでアカウントの作成(登録)が完了です。

次回ログインするには、「メールアドレスまたは携帯電話番号」と「パスワード」を利用します。

FBアカウントの確認・変更

アカウントの設定を確認するには、画面右上の「アカウント設定」をクリック、設定を変更する項目を選択できます。名前・メールアドレス、パスワードなどの基本情報から、セキュリティとログイン、プライバシーの設定などが確認、変更できます。

スポンサーリンク

・アカウントの「ブロック」とは?設定や解除の仕方

Facebook上でコンタクトしたくないユーザーには、「ブロック」という機能があります。ブロックすると、そのユーザーは友達リストから削除され、Facebook上で連絡を取り合うことができなくなる、相手を拒否する一番強い方法です。

ブロックを設定するには、アカウント設定の「ブロック」からなまえの入力欄に相手の名前を入れます。「ブロックする」とすれば設定完了です。また、一旦ブロクした相手を解除することもできます。ブロックを解除したい人の名前の横にある「ブロックを解除」をクリックするだけでOKです。

Facebookの退会・アカウント削除、停止(利用解除)

フェイスブックの利用を完全に終了するには、アカウントを削除し退会する必要があります。個人情報をネット上に残すのは危険ですので、利用終了の際はキチンと退会・アカウント削除の処理をしておきましょう。

Facebookには、一時的に利用を停止する「停止(利用解除)」と、完全に利用を終了する「退会(アカウント削除)」があります。

停止の場合は一時的に利用しない場合で、アカウント設定や個人のデータはFacebook上に保存されています。退会はアカウント自体が削除されてしまうので、個人の情報は完全に履きされます。

停止の場合はあとから復活(再開)できますが、退会は再開できませんの注意しましょう。

退会の方法は?

退会のやり方は、「メニュー」ボタンから「ヘルプセンター」⇒アカウントの管理から「アカウントの利用解除と削除」⇒「Facebookに連絡」⇒「アカウントを削除」⇒「アカウントを永久に削除」を選択します。ログインせず14日経過すると、完全にアカウントが削除されます(14日以内ならアカウント削除をキャンセルできる)。

フェイスブックで複数アカウントは可能?

Facebookは実名での登録なので、原則1人1アカウントしか登録(作成)できません。しかし、会社用とプライベートなど複数のアカウントを持ちたいと思っている方も少なくありません。

ネットで探してみますと、同一人で複数アカウントを使用する方法なども検索できます。
また、匿名でもアカウント作成などもありますが、Facebook公式では禁止されています。

スポンサーリンク


《Facebook(フェイスブック)用語・基礎知識》

・「知り合いかも」とは
Facebookに登録した学歴や職業・友達関係などで、あなたの知り合いと思われるアカウントが表示されます。必ず友達にならなくても構いません。

・足跡とは?
SNSなどで閲覧履歴を確認する機能が「足跡」と呼ばれるものです。足跡で、いつ誰が自分のページを訪問したかを把握できるもので、mixi(ミクシィ)などで実装されていました。しかし、Facebookでは履歴を追跡することはできず、足跡の機能もありません。

近い機能としては、{My Top Fans」というFacebookアプリで、自分のタイムラインを訪問した回数や「いいね!」やコメント・シェアの回数などを参照できます。

・「メッセンジャー」とは?
フェイスブックの機能の1つで、メッセンジャーというアプリを使うとFacebook自体を立ち上げなくても、リクエストっやメッセージの確認や検索などが簡単にできます。

Windowsのパソコンで画面の端に常駐させておくと、Facebookにログインしていなくても確認できます。

・ビジネスアカウントとは?
Facebookでは、企業やブランド・組織がFacebook上で情報を発信することも可能です。つまり、個人のプロフィールと同じく、記事を公開したり、イベントを作成したり、アプリを追加したりしてカスタマイズすることができます。

・フェイスブックページ(ファンページ)とは?
Facefbookには、「個人ページ」と「Facebookページ」があり、機能や使い方が違います。通常使われているのは「個人ページ」で、本人だけが登録でき、友達や知り合いとのやり取りに利用できます。

一方「ファンページ」は、本名以外で登録できますが、友達申請できない・ファンの人数い制限があるなどの違いがありますファンページは、主に広告やPRのために利用されるケースが多いようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)