SMS(ショートメッセージ)・MMS|設定や送信・受信、文字数や料金などまとめ
スポンサーリンク

SMS(ショートメッセージ)・MMS|設定や送信・受信、文字数や料金などまとめ


SMS(ショートメッセージ)とは?
「SMS」とは電話番号を使って送れるメッセージのことです。相手の電話番号さえわかれば送信できるので利便性は高く、別のキャリアにも送ることが出来ます。

簡単な文章のみの場合や相手先の携帯電話番号は知っているといった場合に利用すると便利です。

契約している通信プランによって違いはありますが、多くの場合において同じキャリアに送る時には料金がかからず別のキャリアに送る時には料金がかかります。料金がかかる場合は1通あたり3円くらいかかるのが一般的です。例えば、ドコモの場合は電話番号から70文字以内のメールがやり取りできます。

スポンサーリンク

ショートメール(ショートメッセージサービス/SMS)は電話番号でメッセージをやり取りできるサービスです。スマートフォンでは「SMS」または「メッセージ」というアプリから利用できます。

「SMS」はショートメッセージサービスの略で、ショートメッセージ、Cメールと呼ばれることもあります。

「MMS」とは?
MMSとはメールアドレスを使用したメッセージです。いわゆる携帯電話に搭載されている一般的なメールのことです。文字数によって料金が変わるのが特徴と言えます。

「MMS」は「mobile mapping system」の略です。

SMSの設定方法(ドコモ・au・ソフトバンク)

SMSの設定の仕方はキャリアごとに異なっています。

ドコモ(docomo)の場合はiMenuから「お客様サポート」を選択し各種設定という項目を選びます。そこから「メール設定」をタップするとメール設定を行える画面が表示されます。

もし、連絡を拒否したい電話番号がある場合はここに入力しておくとメッセージが届かなくなります。

auの場合はホーム画面から「SMS」「設定」をタップするとSMS設定メニューが表示されます。
ここからは通知設定や着信音、バイブレーションなどを変更することが出来ます。SMS受信時のポップアップが表示されるかどうかもここから変更可能です。文字のサイズを特大から小まで任意なものに設定することが出来ます。ドコモと同じく受信フィルターの設定も行えます。

ソフトバンクにおいても簡単にSMSを設定をすることが出来ます。待機画面にメールマークを押してSMS設定をタップします。そこから文字コードの設定を行うことが出来ます。文字コードは日本語(70文字)と英語(160文字)のどちらかを選べる仕組みになっています。

スポンサーリンク

MMSの設定や利用方法

ソフトバンクのiPhoneを使用している場合はMy Softbankにアクセスしてメール設定を押すと「S!メール」の設定画面が表示されます。この「S!メール」というのがソフトバンク端末におけるMMSです。

その画面から「確認・変更」をタップすると新しいメールアドレスを入力できます。新しいメールアドレスを入力し「次へ」「変更する」をそれぞれ押すことで変更が完了できます。

アンドロイドの場合は標準アプリとして搭載されているメッセンジャーを使用することでMMSの送受信を行うことが出来ます。

同様にハングアウトを利用してもMMSは操作可能です。これらのアプリのうちどちらを使うかについては「無線とネットワーク」という項目から「標準のメッセージアプリ」を選択することで任意のものに決めることができます。

iPhoneでもアンドロイドでもMMSの機能に大きな差はありません。

ドコモではMMSには対応していないのでドコモのメールアプリを使用する必要があります。ただ、その機能に関してはMMSとほとんど変わないので安心して使用できます。

SMS・MMSの使い方

SMSにしてもMMSにしても該当するアプリを起動し、任意のメッセージを書き込んで送信すればOKです。

たまに相手からのメールを受信できないことがあります。この時は誤って受信拒否の電話番号やメールアドレスになってしまっている可能性があるので、設定ページを開いて確認してみることをお勧めします。

もし、それでも受信できない場合はネットワーク環境が完全でない恐れがあります。インターネットのホームページにアクセスしたりして自分のスマートフォンがネットワークに接続できているかを確認してみましょう。

端末を再起動するのも有効な方法です。

スマートフォンの電源を切ることなく何ヶ月も使用している場合、端末への負担が非常に大きくなってしまっています。その状態では上手く送信できないことも稀にあります。定期的に再起動すれば改善する可能性も考えられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)