確定申告にマイナンバーの記載が必要!個人番号や公的認証サービスについて
スポンサーリンク

確定申告にマイナンバーの記載が必要です!個人番号や公的認証サービスについて


社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、税務署に提出する申告書や申請書類には、「マイナンバー」の記載が必要でになりました。

また、本人確認書類の提示、または写しの添付が義務付けられています。

スポンサーリンク


本人確認書類の添付

・マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合
マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。自宅などからe-Taxでデータを送信すれば、本人確認書類の提示や写しの提出が不要になります。

・マイナンバーカードを持っていない場合
本人確認書類(本人のマイナンバーを確認できる書類)が必要です(通知カード・住民票の写し・住民票記載事項証明書など)。

さらに、身元確認書類として、記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類が必要です。運転免許証・パスポート・公的医療保険の被保険者証・身体障害者手帳・在留カードなど)

マイナンバーカードでe-Taxを利用する方法

自宅で申告の書類が作れ、電子申告も使える「e-Tax」。確定申告の際に、マイナンバーカードがあれば確定申告に利用できます。

利用方法としては、マイナンバーカードとICカードリーダライタがあればOK。国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」で所得税申告書作成、自宅のパソコンでマイナンバーカードをICカードリーダライタを利用して、e-Taxで送信できます。

※e-Taxの利用については、事前に開設届の提出が必要です。また、e-Taxが利用できる環境のパソコンの準備、e-Taxへの登録が必要です。

イータックスの利用時間
月曜~金曜 8:30~24:00(祝日・年末年始等除く)
※確定申告の時期は、原則として24時間(土日祝含む)利用可能です。

e-Taxの利用について問い合わせ先
e-Tax利用開始のための手続きやソフト・設定、確定申告書作成コーナーの操作などは、下記のサポートデスクにお問い合わせ下さい。

☆「確定申告書等作成コーナー」についての問い合わせ
操作などに関する問い合わせは下記のヘルプデスクに電話で問い合わせます。

「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」0570-01-5901(全国一律・市内電話料金)
受付時間:月曜~金曜(祝日除く)9:00~17:00

☆マイナンバー・ICカードリーダの設定などの問い合わせ
マイナンバーやICカードリーダーライタの設定などの問い合わせは、下記の「マイナンバー総合フリーダイヤル」に問い合わせます。

「マイナンバー総合フリーダイヤル」120-95-0178(フリーダイヤル)
受付時間:月曜~金曜 9:30~17:30、土日祝日 9:30~17:30

※税務相談、申告に関する質門や確定申告に必要な書類については、所轄の税務署へ電話で問い合わせできます。

スポンサーリンク



マイナンバーカードとは?

マイナンバーカードは、マイナンバーの提示と本人確認が1枚でできるカードです。マイナンバーカードがあると、マイナンバーの個人情報の内容が確認できる「マイナポータル」にログインできたり、住民票・印鑑証明書をコンビニで取得できたりして便利です。

マイナンバーカードの取得方法

マイナンバーカードの申請方法、取得方法については、内閣府のホームページで「マイナンバー 社会保障・税番号制度」に詳しく書いてあります。

http://www.cao.go.jp/bangouseido/

マイナンバーカードに係るICカードリーダライターの設定や対応機種、パソコンの設定といった件は、個人認証サービスのホームページで確認できます。

国税に関するマイナンバー制度の情報

税務署へ提出する申告書などで、マイナンバーに関する情報は、国税庁のホームページで「社会保障・税番号制度(マイナンバー)」で最新情報がチェックできます。

法人番号の記載について
法人で税務署へ提出する申告書や申請書には、法人番号の記載が必要です。詳しくは、「国税庁法人番号公表サイト」で法人番号の情報が掲載されています。
また、法人番号を調べたいとき場合にも利用できます。

公的認証サービスとは?

公的個人認証サービスとは、オンライン(インターネット)で行政手続き(各種の申請や届出)する際に、サイトにログインを安全に行うためのシステムです。他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために本人確認するための手段です。

電子証明書と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカード等のICカードに記録することで、利用することができます。電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があります。

「署名用電子証明書」・・・インターネットで電子文書を作成・送信する際に利用します(e-Tax等の電子申請など)。

「利用者証明用電子証明書」・・・ネットでコンビニやキオスクの端末にログインする際に利用します(マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。

マイナポータルとは?

マイナポータルは、国が運営するオンラインサービスで、主にマイナンバーに関連した個人情報を本人が確認できるポータルサイトです。

インターネット上で、自分の社会保険料などの納付状況を把握したり、子育てに関する行政手続きがワンストップでできたりします。また、行政機関が自分のマイナンバー情報をどのように取り扱ったかの記録が確認できる大切なものです。

マイナポータルの主なサービス

・情報提供等記録表示(やりとり履歴)
・自己情報開示(特定個人情報の確認)
・行政機関からのお知らせ
・子育てワンストップサービス
・公金決済サービス など

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)