名前の画数で姓名判断※赤ちゃんの名付けで成功する画数のヒミツとは?
スポンサーリンク

名前の画数で姓名判断※赤ちゃんの名付けで成功する画数のヒミツとは?

画数で姓名判断する場合、名字、名前の漢字の画数から吉凶を判断することが一般的です。

姓名判断については、生家の運命や56歳以降の運命を調べる天格、数え年36~55歳の運を調べる人格、生誕から数え年で35歳までの運を調べる地格、敵味方の有無や観葉、健康に関連する外格、変換期、努力の度合いを含むその人全体を示す総格五格がベースとなります。

これらの5つの要素の診断が、漢字の画数から分かるものとして姓名判断に使われています。
また、結婚運やどんな人との相性が良いか、適する職業の診断なども、この五格をベースに判断されます。

スポンサーリンク


五格とは?五格について解説

五格とは、天格・地格・人格・外格・総格の5つの格に分けます。

五格の調べ方は、名字、名前共に2文字の場合は、天格が名字2字の合計画数、人格は名字2字目と名前1字目の総画、地格は名前2字の合計画数、外格は名字1字目と名前2字目の合計、総画は名前と名字の4字のトータルの画数をチェックします。

名字や名前が2字以外の場合には、計算方法が変化するため、細かく調べる必要があると言えるでしょう。

チェックしてできた画数は、大吉数、吉数、半吉数、凶数の4つに区分されており、占い結果を確認することが可能です。

画数での姓名判断の仕方

姓名判断については、1画から81画までの間に、それぞれ運勢が振り分けられています。

自分の姓名の画数を確認する際には、画数のトータルを間違わないようにチェックして、吉凶の判断をすることが求められています。

1画違うだけで、生命判断の結果自体は大きく変化することが一般的であることから、身長に確認することが望ましいと言えるでしょう。

これまでの過去や、今後の未来、周囲の人との関わりなど、多岐にわたる側面を占うことができるため、姓名判断は積極的にやってみることも価値があると考えられています。

それぞれの要素である五格については、それぞれがお互いに影響し合っているという特徴もあります。

そのため、画数から判断結果を確認しただけで済ませず、その後どのように暮らしていけば良いかを少し考えてみることも良いのではないでしょうか。

赤ちゃんの名付けと画数について

赤ちゃんの名付けについては、人生を占うものとして重要であると認識されることも多くなっています。

現在では、無料で姓名判断を行い、適する字画数を教えてくれるサービスも多くなってきています。

どのような名前を付けるべきか迷っている親や、画数の観点から名前決めをする人に対するアドバイスなど、様々な取り組みが行われている点も特徴的であると言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


名前でそのこの将来が決まる?!

産まれてくる子供の運命を決めるものとして、古くから名付けの際には姓名判断の手法が取り入れられてきました。

総画が決まることで、その子の人生がどのように進んでいくかが決まるとされているため、慎重に名前を決める親が多いと考えられています。

画数から判断できる運勢は、非常に幅広いとされているため、興味が示されているのではないかと思います。

生涯の健康運や恋愛運、仕事運などの基本的な運勢を調べられることはもちろんのこと、どのタイミングで転機が訪れるかやどんな人に支えられるかなども調べることが可能です。

具体的な年齢や時期なども確認できるものが多く、子供が生まれてくる前に姓名判断をしておくことがベストであると考えられています。

画数以外での姓名判断

字画の数以外にも、陰陽配列というものでも子供の姓名判断を進めることが多くなっています。

これは姓名の漢字の画数が奇数か偶数かで占う方法です。

漢字の画数が奇数であれば陽、偶数であれば陰として、陰陽の配列で吉凶判断をするという考えがベースとなっています。

これで字画数の配置によって、吉となるか凶となるかが異なっていくことから、名付けの際には参考とされることも多いのではないでしょうか。

好ましい陰陽配列になるよう、字画を計算して名前を決めるという親も多数存在しているのではないかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)