祇園祭(京都)電車・車でのアクセス、駐車場状況、歩行者天国の混雑はどれくらい?
スポンサーリンク

祇園祭(京都)電車・車でのアクセス、駐車場状況、歩行者天国の混雑はどれくらい?

日本の三大祭の1つである京都の「祇園祭」は、毎年多くの観光客や地元民でにぎわいます。

祇園祭の日程は毎年変わらず7月1日から7月30日です。
その中でも宵山(よいやま)、山鉾(まなぼこ)巡業が行われる日には、多くの方が訪れます。

アクセス・混雑状況

祇園祭への行き・帰りの交通機関の状況、混雑や空き情報などお伝えします。



(車・駐車場)

また山鉾巡業が行われる日には、大規模な交通規制が行われます。車で祇園祭を見に行かれる方は、交通規制の情報をあらかじめ収集しておくことをおすすめします。また当日京都市内の駐車場は利用できない、また満車の場合が多いので注意した方がいいです。

歩行者天国となり屋台が多くでる15日、16日は四条通り周辺、また京都駅周辺では地下鉄が大変混み合います。
普段の京都の地下鉄も混み合っていますが、祇園祭の時期は特に混み合い危険な場合があり。特に、お子様を連れて行かれる方は、混み合う時間をずらして利用することをおすすめします。

(電車)

宵山の時は地下鉄烏丸線四条駅の利用が便利ですが、四条駅は大変混み合います。一つ手前の五条駅で降りると比較的スムーズに移動できます。

歩行者天国の混雑状況

宵山のうち7月15日から16日には、京都のメインストリートである八坂神社から堀川間、高辻から御池間が歩行者天国となります。時間は18時から23時の間、沿道には多くの屋台が立ち並びます。

宵山の歩行者天国となる時間帯は、大変多くの人でにぎわいます。大きな道路が歩行者天国となりますが、人混みでなかなか前に歩けない、進めないといったことがあります。

この歩行者天国も祇園祭の宵山の醍醐味ですが、お子様連れの方は、はぐれないように注意しなければいけません。

トイレの使用が困難

そして歩行者天国の時に注意しなければいけないことは、トイレの利用です。歩行者天国となるルート周辺にはコンビニが多くあり、トイレの利用ができる店舗があります。

他にも、公衆トイレや、臨時のトイレが設置されていますが、長時間順番を待たなければいけないこともあります。余裕を持ってトイレを済ませておくことが大事です。

祇園祭りの楽しみ方

山鉾巡行時は、たくさんの山鉾巡行を見ることができます。巡行と同時に太鼓や笛で奏でられる祇園囃子に耳を澄ませることもおすすめです。日本、京都の代表的な祭りの1つ祇園祭は私の夏の楽しみの1つです。

また、祇園祭りの楽しみ方は他にもたくさんあります。宵山期間中、たくさんの屋台を楽しんだり、山鉾がある町内会では「ご朱印」を押してもらうことができます。

また、たくさんの山鉾の中には一般の方も入れる山鉾もあります。そこで美しい装飾品を眺めることができます。

まとめ

日本の三大祭の1つであるため、たくさんの人が訪れます。そのためあらかじめ情報収集を行うなど余裕を持った行動が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)