iPhone バックアップ|iCloud・iTunes バックアップの方法、できない
スポンサーリンク

iPhone バックアップ|iCloud・iTunes バックアップの方法、できないときは?


スマホやパソコンなどの端末を使っていると、心配なのが急な故障は破損などのトラブルです。最悪、データを紛失してしまうと大切な個人情報や写真などのデータを一発で失ってしまいます。

そこで、データのバックアップは日頃からの必須事項。今回はユーザーの多いiPhoneのデータバックアップを解説します。

iPadやiPod touchなどiOSデバイスなら共通して利用できる方法ですので、ぜひ理解しておいてください。

スポンサーリンク



【iPhoneバックアップ、2つの方法とは?】


アイフォンのバックアップには、「iCloud」を使うバックアップ(iCloud バックアップ)と「iTunes」を使う(iTunes バックアップ)の2通りの方法があります。どちら適しているかはユーザーが選択できます。

もし、予備のバックアップも取っておきたいなら、両方の方法を実行すると2重の対策となります。

iCloud バックアップとiTunes バックアップの違いは?

どちらもiOSの情報を保存(コピー)しておくことに違いはありません。保管する場所方法に多少の違いがあるので、適したほうを選びましょう。

1)iCloud バックアップ
・データはクラウド上(iCloud)に保存
・データ量は最初の5GBは無料、最大2TBのストレージを利用可
・バックアップは暗号化されている
・Wi-Fiでいつでも接続できる(バックアップ作成・使用)

2)iTunes バックアップ
・保存場所はMac(またはWindowsでもOK)のパソコン上となる
・容量は保存するPCの空き容量による
・バックアップの暗号化も可能(デフォルトでは暗号化なし)
・パソコンを利用し、バックアップの作成・使用する

iCloud バックアップの方法・手順

1)Wi-Fiでネットワーク接続する。

2)端末から「設定」⇒「ユーザ名」を選び「iCloud」をタップ。
(iOS 10.2 以前の機種は、「設定」⇒下スクロールで「iCloud」をタップ)

3)「iCloud バックアップ」をタップします。
(iOS 10.2 以前は、「バックアップ」をタップ)
「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。

4)「今すぐバックアップを作成」をタップ。終了するまで待ちます。Wi-Fi接続はそのままにします。

※通信環境やデータ量によって時間がかかることがあります。進行状況を確認するには、「設定」⇒「ユーザ名」⇒「iCloud」⇒「iCloud バックアップ」の順に選択。「今すぐバックアップを作成」の下に最後のバックアップの作成日時が表示されます。

☆自動のiCloud バックアップを設定するには?

ついバックアップ作業を忘れてしまう、操作するのが面倒・・・という場合は、iCloud バックアップを毎日自動で動作するよう設定ができます。

1)「設定」⇒「ユーザ名」⇒「iCloud」⇒「iCloud バックアップ」をオンにする。
(iOS 10.2 以前の方は「設定」⇒「iCloud」⇒「バックアップ」を選択)
2)デバイスを電源に接続、Wi-Fi にも接続しておきます。
3)デバイスの画面がロックされていることを確認。
4)iCloud のストレージの空き容量を確認します。

※iCloud ストレージが足りなくなった場合は、有料プランにアップグレードできる。月々130 円で 50GBのプランから用意されています。

スポンサーリンク


iTunes バックアップの方法・手順

1)端末とコンピュータを接続し、iTunesを開く。
2)パスワードを求められたり、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面の案内に応対する。

3)iTunes に表示されたiPhone・iPa・iPod を選択する。

4)iOS デバイス・ヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は、バックアップを暗号化する。「デバイス]のバックアップを暗号化」というチェックボックスを選択、パスワードを入力する。パスワードはメモして安全な方法で管理します。(このパスワードがないと、iTunes バックアップから復元できなくなります)

5)場アックアップが終わったか確認する。iTunes の「概要」画面で確認できます。(最新のバックアップの下の日時)

【バックアップでよくあるエラー・失敗など】

■iCloud バックアップができない
iCloud バックアップに失敗する原因は以下のような要因が考えられます。

・ストレージの容量が不足している
・自動バックアップが設定の問題でエラーになる
・iCloud バックアップを有効にする際に問題が起きた
・デバイスを復元中だという警告が表示
・前回のバックアップが完成しなかったというメッセージが表示

このような場合は、Appleサポートのページに詳しく書いてあるので参照してください。

○iCloud バックアップが正常に終わらなかった場合や、バックアップから復元できない場合
https://support.apple.com/ja-jp/ht203516

■iTune バックアップができない
iPhoneやiPad、iPod touchなどiTunes バックアップでエラーになる場合の対処法です。

・エラーが起きたという警告が表示される場合
・ディスク容量が不足しているという警告が表示される場合
・バックアップが破損しているか互換性がないという警告が表示される場合

こうした場合は、下記の手順で1つづつげ原因を確かめます。

○iTunes バックアップが完成しない場合やバックアップから復元できない場合
https://support.apple.com/ja-jp/ht203271

バックアップデータを復元する方法

iCloud バックアップ、またはiTunes バックアップで保存したデータを、デバイスから復元する方法です。

■iCloud バックアップからデバイスを復元する方法

1)デバイスのコンテンツをすべて消去しておき
2)デバイスの電源を入れます。
3)「App とデータ」画面で「iCloud バックアップから復元」をタップ。
4) Apple ID で iCloud にサインインする
5)バックアップを選択します。各バックアップの日付とサイズを見て、もっとも適切したデータ選ぶ。選択すると転送が始まります。
6)Apple IDのアカウントにサインインする。
7)進行状況バーが表示されるので、そのまま待ちます。Wi-Fi接続は終了するまで切らない。
8)設定を終わらせると、端末が使えるようになります。

☆iTunes バックアップからデバイスを復元する方法

1)保存したパソコンで iTunes を開きます。
2)デバイスをUSB ケーブルでコンピュータに接続する。パスコードを求められたり「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されたら支持に従う。
3)iTunesに表示されたiPhone・iPadまたはiPod touch を選択する。
4)iTunes で「バックアップを復元」を選択。ファイル日付とサイズを見て、最適なものを選ぶ。
5)「復元」をクリックして終了まで待ちます。
6)デバイスが再起動してもそのままで、コンピュータとの同期が終わるまで待ちます。
7)同期が終わったら終了です。接続を切ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)