楽天Edy(エディ)の電子マネーが超便利!使えるお店・チャージの方法、ポイントなど。
スポンサーリンク

楽天Edy(エディ)の電子マネーが超便利!使えるお店・チャージの方法、ポイントなど。


《楽天Edy とは?》

楽天Edy(エディ)は、楽天市場などの「楽天」が運営する電子マネーです。事前にチャージすることで、現金の代わりとしてお買いものができます。

現金がなくても、楽天Ed1枚あればお買いものができてすごく便利。 さらに、チャージやお買いもの利用でポイントが貯まるのがメリットです。一度使い慣れると、財布を持つのがメンドウになりますよ!

楽天Edyをはじめるには、「おさいふケータイ」か「Edyカード」を用意します。iPhoneなら「パソリ」あや「おサイフケータイジャケット」で楽天Edyが利用できます。

スポンサーリンク



楽天Edyの使い方(支払い・チャージ)方法

楽天エディの使い方は簡単です。レジで「楽天Edyで」と伝えるだけ。レジ端末にカードをかざすと「シャリーン」という音が出て支払い終了です。

《楽天Edyチャージの方法》
チャージの仕方は、使い方に合わせて4つの方法があります。

まず、パソコンやスマホからいつでも同じ金額をチャージする「いつでもチャージ」の方法です。「楽天e-NAVI」にログインして「Edyチャージ」⇒「いつでもEdyチャージ」を選択、金額とセキュリティーコードを入力します。終了後にコンビニのファミリーマートかサークルKサンクスの端末で受け取りの手続きをします。この設定をしておけば、次からはその都度ログインしくても、いつでも同じ金額がチャージできます。いつでもEdyチャージは1日1回まで、設定シた金額分のみです。2回目以降の受け取りは、翌日正午医行為なりますので注意してください。

いちいちチャージするのが面倒な方は「Edyオートチャージ」を設定すると楽チンです。残高が1,000円以下になったら、設定された金額を自動でチャージしてくれます。オートチャージの設定方法は、「楽天e-NAVI」にログインして「Edyチャージ」⇒「Edyオートチャージ」を選択、金額とセキュリティーコードを設定すれば完了です。オートチャージが使える店は、楽天Edyのホームページで確認できます。

必要な時に必要な金額だけチャージしたい方は「都度チャージ」がよいでしょう。パソコンかスマートフォンで「楽天e-NAVI」にアクセス、ログインして「Edyチャージ」⇒「Edyチャージ」を選択、金額とセキュリティーコードを入力します。入力が済んだらコンビニのファミリーマートかサークルKサンクスの端末で受け取りの手続きをします。このでOK。また、「楽天Edyリーダー」や「パソリ」または「Felica」ポート搭載のパソコンがあれば、外出先でも楽天Edyをチャージできます。

「現金チャージ」は楽天Edyの使えるコンビニで、レジにてチャージしたい金額を伝え現金を支払ます。楽天カードを端末に置いてチャージ完了です。コンビニ以外でも、楽天のカード現金入金機があれば現金でチャージできます。読取機にカードを置き、現金を入金するだけでOKです。

楽天Edy カードの登録をする

楽天Edyカードにポイントを貯めるには、カードを入手(購入)してポイントサービスに登録する必要があります。Edyカードは1枚300円(税抜)で公式ショップで販売しています。

あとは登録ページから手続きすれば楽天スーパーポイントが貯まるようになります。

スポンサーリンク


楽天Edy 残高確認の方法

楽天Edyの残高を照会するには、使っているEdyによって方法が異なります。

・店頭での残高照会
・パソコンでの残高照会
・おサイフケータイの残高照会
・iPhoneに接続したEdyカードの残高照会
・iPhoneにおサイフケータイ ジャケットを接続してご利用の場合

詳しくは、公式ページのQ&Aが参考になります。
https://support.rakuten-edy.co.jp/category/show/324

《楽天Edy 使えるお店は?》

楽天Edyの電子マネーは、コンビニをはじめ多くの店舗で利用できます。セブンイレブンやローソンをはじめ、全国のスーパー・飲食店、家電やガソリンスタンドなど、日常生活の様々なシーンに対応しています。目印は店頭に楽天のロゴ「R」が貼ってあるお店です。

楽天Edyが使えるお店を探すには、こちらのページで検索できます。
https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

地図で探すほか、フリーワードや住所・駅名から地域の楽天Edyが使えるお店が一覧で表示されます。

楽天Edyのポイント、貯まるのは?ポイントの使い方は?

楽天Edyでチャージすると、金額によりポイントが貯まります。200円分のチャージで楽天ポイント1ポイント加算となります。

楽天Edyで貯めたポイントは、楽天スーパーポイントとして楽天市場などで利用できますが、Edyに交換することも可能です。

ポイント交換するには、「おさいふケータイ」か「楽天ポイントカード」を用意し、楽天スーパーポイントが貯まる設定が必要です。

交換にはポイントチャージを申請して、対象のEdyで受け取ればOKです。楽天Edyの種類によってチャージ(受け取り)方法が異なりますので、詳しくは公式ページをご覧ください。
https://pointcharge.edy.rakuten.co.jp/exchange/edy/

楽天ポイントをEdyに交換すれば、楽天加盟店以外でも利用できますし、現金の変わりとして支払いに充てることがでてき便利です。

楽天Edy決済とは?利用方法は?

楽天Edy決済とは、電子マネーの楽天Edyを利用して決済を行う支払い方法です。楽天Edy決済には「パソリ」か「FeliCa」ポートのあるパソリが必要です。または楽天Edyの使えるおサイフケータイでも可能です。

5万円以下のお支払いで利用でき、クレジットカード等との併用はできません。決済手数料は無料ですが、通信料及びパケット代がかかります。楽天Edy決済が利用できないショップもありますので注意してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)